帰国してみた4

今週は・・・先週作ったプログラムのミスで加工ミス1件。
まさかあんなところに地雷を作るとは・・・という感じでした。
まあその後は順調、ようやく遅れを取り返せました。

あ、件のアラフォー事務員は、今週来ませんでした。
月曜に、なんだかよくわからない理由で休んで、
そのままバックレ状態で、その後旦那さんが
退職の手続きにやってきましたよと。


さて、高幡不動に歩いて戻って、今度は南平へ。
高幡不動駅の構内の変わりっぷりも相当なものでした。
何、ターミナル駅っぽくなってんだよと。
いや昔からターミナル駅でしたけど。

画像


そして南平駅も結構かわってました。
昔はいかにも鈍行駅って感じで、今でも鈍行駅ですが、
なんか微妙に小奇麗に。

っていうか、この、1度2階に上がって降りる構造は
一体誰得なんでしょうか?謎です。
1階にテナントが1件入ってるようですが・・・
それだけのためにこうしたのかや?

でそこから歩いていきますと、ダイクマは別の店に。
東へ進むと・・・コンビニとスーパーナンペイが消滅。

スーパーナンペイは、射殺事件があったのとは別の店舗が
あったですが・・・閉店は事件の影響でしょうかね?
あの事件は高校3年の頃だったのでかなり衝撃でした。
第一報を聞いたのが、ガキの使いの直後のニュース予告。
爆笑した直後に恐怖のどん底へ落とされました。

そのままかつての通学路をさまよって南平高校へ。

画像


校門にセキュリティ設備が設置されておりました。
今回は中には入らず、外観のみ幾つか撮って退散。
しかし、制服変わると別の学校みたいに感じます。

最後に校舎へ入ったのは、部活OB会のあった大学3年次。
今後、中に入ることはあるのでしょうか。

高校時代は、なんやかやで幸せだったのかも知れません。

入った直後は、
家計の都合で大学行けない的な話になってて、
それで勉強には全くやる気起きなくて、やさぐれてて、

でもお金なくて遊び方も知らなくて、
だから学校さぼってグレることもできなくて、

それで惰性でトボトボ通ってたらほぼ皆勤になってて、

一方で初心者から始めた器械体操部が、
自分の身体能力と上手くマッチしていて、
楽しくて、体つきも変わって、

そして何より
部活が色んな出会いを導いてくれて、

もう一方で、

なぜか音楽に目覚めて、作曲も始めて、
DTMは今でも重要な趣味になってて

更に婆様が死んで遺産が入ったりなんだりで
大学行けることになって、

勉強のやる気を取り戻して、

そして、たまたま、
その頃数学が好調だったため理系を選んで、

そこから機電系に進んだおかげで、

新卒のときも転職のときも
就活がイージーモードでやれたという

なんというか、
コミュ力低くて世間知らずで
体も小さくて弱い低スペックな自分が

今現在割とまっとうな人生を歩んでいるのは

高校時代に多くの生存フラグを生成したから、

のように思えます。

まあなんでしょうな。

割と幸せな状態で、
再びここを訪れることができました。

今度は、誰かと一緒に入りたいです。

というわけで、思い出の地巡礼はここで終了。
そのまま帰路につきました。

今度は、高幡橋や日野橋の辺りも回りたいです。

ロスト・ジェネレーション。氷河期世代。
みんなちゃんと生き残っているんでしょうか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

同級生
2012年09月17日 22:29
こんにちは。たぶん同級生の者です。
氷河期の人間として、しっかり生きてますよ。
端くれでも、理系で良かったなぁと思ってるクチです。
あの頃、理系は少数派で男だらけだったけどね。

東京から遠く離れて暮らしているので、変わってしまった
南平の姿が懐かしくて甘酸っぱいです。
他の写真もあればUP希望。
2012年09月19日 21:45
ああなんと、同級生が釣れました。

自分は9期生です。理系を選んだのは、
全体の2~3割くらいでしたかね。
文系へ行ってたら氷河に特攻してました。
おそらく。

写真はちょっとしかないですが、
一応上げときます。
mixiやらフェイスブックやらを使えば、
同級生は簡単に見つかりそうですが・・・
ネットの浸透をリアルタイムで見てきた
世代としては、あまり自分の素性をwebに
晒したくないもんで、
過疎ブログでひっそりと南平の名前を
出すくらいにとどめております。

大学生の頃は、
ああ、中学時代や高校時代に
もっとアレをこうしていれば、
今頃もっと充実した
耳を澄ましてカントリーロードな
青春が送れたのに!

などと思うことが多々ありましたが、
今は逆に、
自分は今まで、本当に多くの場面で
命拾いをしてきたんだなあと
感じております。

南平へ入った事も、幸運の一つかと。
同級生
2012年10月07日 23:45
すみません。もろもろの事情で今更お返事します。
自分も9期ですよ~
あの頃の理系クラスは少数派で、お陰で妙に仲良かったような。

しかし、こうやって自分のルーツ的なところを振り返るのも良いもんですね。
俺も母校めぐりでもしてみるかなぁ。
黒リュウ
2012年10月08日 18:51
帰る場所が残ってる、
ってのはありがたいことです。

この記事へのトラックバック