音楽配信

ただいまCUBASEで編曲中ですが、
MIDI作成は相変わらずSSWを使用。

画像


五線譜に慣れてしまったので。

楽器を習ったことはないですし、
高校でも美術選択でしたし、
音楽理論を語るスレッドに行っても
話についていけないんですが、

しかし作曲とその打ち込みは
五線譜の方が捗ります。

マイナートニックのベース半音落とし、
J-POPでよく使われる手法ですが、
私もよく使う手法なんですが、
何か呼び名ってあるんですかね?


……

さて、私が作曲に目覚めつつも、
しかしシンセもPCもなかった浪人時代。

当時はFM放送が自分にとって
貴重な情報源であり娯楽の一つでした。

で、ふと思い出したのですが、

NECがスポンサーの番組があり、
パソコンと連動した企画をやっていて、
ちょうどインターネットという言葉が
世間で囁かれ始めた頃、よく聞いていました。
(98 マルチメディア・ステーション )
つのだひろがパーソナリティーで。

そこでは毎週ゲストを呼ぶのですが、
そのゲストの事務所だかレーベルだかの
公式サイトにアクセスすると、
その人の曲が一節聞ける

というのを実演していました。

チャゲが来た時は「Something there」、
小野正利が来た時は「キレイ」を

流してみせたと記憶してます。

当時はPC持ってなかったので、
まあそのパソ通だかインターネットだか
ってのはそういうもんなのか

と思っていましたが…

しかしアレ、
今思うとどうなってたんでしょう?

インターネットが普及して、
でもしばらくはナローバンド時代で、
音楽はmp3ではなくmidi配信が主流で、

というのが、私が個人HPを立ち上げた
2000年頃の話。

浪人だった1996年当時、
どうやってボーカル入りの曲を
ネット経由で流したんでしょう?

mpegって当時からあったんでしょうか?
あっても回線重くてきつかったはずでは?

NECがスポンサーでしたから、
何か特別な設備でもあったのでしょうか。

なぜか唐突に、
そんなことを思い出しました。
まさか動画配信できる時代になるとは。


尚、もう一人の番組レギュラーに
黒田有紀という女性シンガーがいましたが、
3ヶ月ほどで消えてしまいました。

wikipediaを見ると、
どうやら結婚で早々に引退したようです。

ああなんだ、そうだったんですね。

てっきりチャゲ回で番組中に発した
「キン○マみたいなマラカス」発言で
干されたのかと思ってましたが一安心。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック