修羅場で必要なのは、フィジカルよりメンタル(ドヤァ

先週が月曜から土曜まで出勤。
今週も密度の濃い仕事でやっと休み。

納期対応で急かされるアレやコレが、
片付いてくれたのは幸いでホッと一息。

さて、創作を進めますが・・・・

■■■新コーナー:ぐだぐだ防衛術■■■

創作作品の発表まで、
しばらくかかりそうな気がするので、
その間こういうテーマの記事を
書いていこうかと思います。

防衛術。身を守る術、です。

まあ頭のいい人には読む価値のない記事です。

頭がいいと思い込んでいる人も読む必要ないです。

私のように、持って生まれた頭の悪さを痛感し、
それでも分相応になんとか生きている、
そんな人へ向けた記事です。

我々のようなアホの子が、
修羅場に直面したときどうするべきか。

それを記します。
アホの子でも、勝てる喧嘩は意外とあります。
今抱えている修羅場、諦めないで的な何かです。

修羅場とは、悪者と対峙したときや、
災害に遭遇したときなど、

自分の生命や財産に
危機が訪れた状態を指します。

そのとき重要なのは・・・

フィジカル、つまり肉体の強さも、
勿論あった方がいいのですが、

もっと重要なのがメンタルです。

メンタルが負けていたら、
どれほど優れたフィジカルを持っていても、
全く役に立たなくなります。

では、必要となるメンタルとは何ぞや、
と言うと

「戦意」です。

己の戦意を保つこと、これが最重要。
挑んでやる、向き合ってやる、屈しない、
という気持ちを持つということです。


なので、

修羅場だ、やべえどうしよう、

となったら

「(戦意だ!戦意を保て!)」

と念仏のように唱えましょう。



戦意を保つと、攻撃的な思考ができます。
では保てないとどうなるでしょう?

守りの思考・・・にはなりません。
逃げの思考・・・になります。

それも物凄く消極的な、
現実逃避の思考になります。

例えば悪徳セールスに、
恫喝混じりの押し売りをされたとき、

戦意を保てば

「何度言いくるめられても、脅されても。
それでもいらないと叫んでやる!」

という気持ちになれます。

戦意を喪失すると

「この人、そんな悪い人じゃない。
これはきっといい買い物なんだ」

という思考に逃げ、言いなりと化します。


例えば大規模な災害の警報が出たとき、

戦意を保てば

「最悪を想定しよう、できる限りの事をしよう」
と避難行動を起こせます。

戦意を喪失すると

「こんなところまで災害がくるわけない。」

という思考に逃げ、手遅れとなります。
「安全バイアス」なんて言葉もありますよね。

私が戦意という言葉を意識するようになったのは、
学生時代に読んだこの本です↓↓↓

-------------------------------------
SAS護身術(セルフディフェンス)マニュアル

ジョン ワイズマン著

-------------------------------------

元SAS(英国特殊空挺部隊)の
エリート軍人が書いた護身術の本。

この本には、具体的な戦闘術も書かれていますが、
最大のキモは「戦意」の解説。

敵と対峙したら、
己の戦意を保ち、相手の戦意を削げと。

己の戦意を保てば、
相手は勝手に戦意喪失してくれると。

これで、非常時のメンタルのありかたを、
真面目に考えるようになりました。

「気持ちを強く持て?そんなの当たり前じゃん」

と思った方はこのままブラウザ閉じてOKです。

果たしてそういう人は、
これまで恐怖と向き合った事があるのか疑問ですがね。

恐怖を克服した、逆に屈して泣き寝入りした、
そういう経験のある人なら、戦意を保つことが
どれほど大変か知っているはずです。

で、先ほど「念仏のように唱えろ」と書いたのは

「自信への指令は極力シンプルにすべし」

という持論からです。

非常時には、頭が回りません。
複雑な命令は、非常時に思い出せません。

だから やべえ!→まず戦意!

ぐらい単純な思考回路を
常時頭にセットしておくのがいいと思います。

あらゆる事態の、初手がコレです。

元々、危険に近づく真似はしない方で、
失策つきそうな打球も避ける倉本派ですが、

そんな私にも修羅場はありました。

けど、戦意を意識したら乗り越えられました。

何年も昔、何時間も家に居座った
不動産屋の恫喝営業を追い返したとき。
ホント、あの本読んでおいて良かったと痛感。

具体的に何があったか、その辺はまた後日。



以上、野菜をいっぱい食えというお話でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック