口撃の好きな人間は、総じて守備がザル(ドヤァ

今週は無事終了しそう、
金曜午後からクローザー投入で
逃げ切り勝利

のハズが被弾炎上逆転負けという
会社員あるある。


■■■新コーナー:ぐだぐだ防衛術■■■

私のように、頭の悪い人間が、
身を守って生きていく術を記します。

頭のいい人は読む必要ないです。

今回のテーマは

悪徳セールス(ドーン

現代社会で、誰もが遭遇しうる敵、です。
そんな輩への対処法を記します。

金融や不動産、宗教勧誘にマルチと
怪しげな売り込みは昔から絶えません。

そんな中で、

相手の人格を否定することで

価値観を全否定し、

服従させる

という手段を使う輩が結構おります。
例えば、マンションの訪問販売は100%それ。

そいつらは、

断わって追い返そうとすると、
こちらの態度や言葉遣い、
更に服装や雰囲気や佇まい、

等等あらゆる要素に言いがかりをつけ、
揚げ足をとり、

お前は間違った人間だ、
社会的におかしい、
誰がどう見てもこちらが正義、

だから言うこと聞け、

といった方向へ持っていきます。

一度手の内がわかれば無力化できます。
本当に、びっくりするぐらい敵は無力です。

しかし。初見ではどうしても、
上手く対処できないものです。

先日書いた
「予想外の事態で、戦意を喪失してしまうから」

という面も手伝いますし。

そこで、シンプルな防衛の呪文を
幾つか記します。


脅しをかけるのは、追い詰められた人間である(ドヤァ

脅しとは。

○○しないと××してやんぞ、

といったような(水 チョロチョロチョロ・・・)

そういう、あれです(カコーン)

基本的には、脅しというのは、
追い詰められた側の人間が使います。


だって追い詰められていない人間は・・・

特別な悩みがなく、

平穏な状態にある人間は・・・


「よし、誰かを脅そう!」(膝ポン!

なんて発想に至りませんよね?

儲かっている会社は

「よし、チンピラ雇って押し売りしよう!」

とか考えませんよね?

脅しをかけてくるのは

そんな手段を
使わないといけない状態まで
追い詰められた人間で、

その脅しに乗ってくれないと困る人間、です。

だから、脅しをかける相手に遭遇したら

「(あ、現状俺の方が優位に立ってるんだ)」

と考えましょう。

口撃の好きな人間は、総じて守備がザル(ドヤァ

口が達者で、他人様を批判するのが好きな人間は、
自分の弱点をぺらぺら喋ります。

自分がされたら嫌な事、を自白します。

牽制、をしてしまうからです。

牽制=されたら嫌な事、ですよね。

「○○しても無駄ですよ」と言う奴は

○○されると困るんです。

だから試しに○○してみましょう。

「通報しても無駄ですよ」と言う奴は、

明らかに「通報されると逃げる奴」です。

これまで放言の限りを尽くしてきた、
TVや新聞、御意見番タレントが、

どんどん無力化してるのも正にこれですね。
国民が対処法を見抜いていったのです。彼らの言動から。


悪者の言葉の「逆」が正解(ドヤァ

先ほどの例と同じです。
敵と対峙して、受け答えに困ったら、

相手の言葉の「逆」で返しましょう。

相手が右を向けと言ったら左を向き、

「○○は××だ、そうでしょう?」と言われたら

「そう思わない」と答えましょう。

「あなたよく■■だと言われるでしょう?」
「そんな事だからあなたは△△なんだ!」

と人格攻撃されたら、それが事実でも
「言われた事ない」「俺、△△じゃない。」
と答えましょう。

「何とか抜かしてみなさい!」
と言われたら、いっそ黙り続けてみましょう。
相手の顔でもボケっと眺めて過ごしましょう。

「ほら、言い返せないじゃないですか!」
と言われたら「言い返す必要ねえし」でOK。

反論できなければ負け、
というルールなんてそもそも存在しません。

こういったやり取りで、

「なんで逆らうんだ!」と相手が怒ったら、

「(へえ、「逆らわれる」と、困るんだ?)」

と確信できます。

敵が困る、怒る=反撃が効いている、
という事ですね。

怒ること、これもダメージが通っていると
自白している事になります。

攻撃の得意な奴は、結構簡単に怒ります。

でも、怒るという行為は疲れるもの。
だから、どんどん怒らせて疲弊させましょう。

スタミナが尽きると、戦意喪失します。


ただ、修羅場で咄嗟に小難しい事を
考えるのは困難です。

だから、シンプルな言葉を胸にしまいましょう。

困ったら敵の逆、逆、逆と。


・・・長くなりましたが。

人格口撃型の悪徳セールスは、

ぞんざいな受け答えで

相手をどんどん怒らせればOK。


それに怯えなければ、敵は手詰まりになります。

怒り疲れたら、驚くほどあっさり撤退します。

勿論、戦意だけは、絶対保ちましょう。

上手く言い返そうとは思わないこと。
向こうは「最初から前提のおかしい話」を
してくるので、その土俵に乗ってはダメです。

向こうの人間性の全てを、
最初から全否定で臨みましょう。

結局のところ、

脅しをかけてくる相手に(水 チョロチョロチョロ・・・)

ビビる必要ありません(カコーン)

以上、日本庭園は最高だぜというお話でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック