なるべく真名を秘匿するのよ

仕事は密度が濃いものの、帰宅時間は早い今日この頃。

なので帰宅後、訪問販売に出くわすことも
ごく稀にしょっちゅうあります。

最近は、とにかく「顔を見てやろう」というのが
流行りのマニュアルみたいですね。

「玄関先での対応でいいので、ドア開けて」

なんて事を言ってきます。

勿論、インターホン越しに断りますがね。

顔を見られたら断りづらくなるだろう、
という心理をついた巧妙なガバガバ戦略ですね。

顔の見える相手との対話は

「本音」が「建前」で隠されるのです。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネット上のやりとりは相手の顔が見えない---

という文言はあちこちで見かけます。
それ自体は事実です。

しかし、だからどうだと言いたいのか、
という点はひっかかりますね。

顔の見える相手には、
ほとんどの場合「建前」が発動します。

だから顔は見えても本音は見えません。

ネット上の相手は、
ほとんどの場合名前も顔もわかりません。

しかし本音が聞けます。

さて、有益な情報が得られるのはどちらでしょう?

どちら、とは断言できませんよね。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

フェイクニュース、なんて言葉が聞かれる昨今、

とりわけネットはフェイクニュースがー、

発言者の顔が見えないために嘘の蔓延がー

などとオールドメディアが警鐘しておりますが、
じゃあTVや新聞はどうだったでしょうか。

例えばTVの場合。

広告代理店の利害の元に
TV局が台本を書いて、
それを「キャラ立て」を生業としている
タレントが読み上げる自称・報道番組は

顔を出してる人間が意見の発信者ですか?
本当にそう、言えますか?

意見の「本丸」は素性を明かしていますか?

また、一体何の専門家だかわからない、
何の功績があるのかわからない、

言動が滅茶苦茶で
ただのキチGUYでしかないような、

そんな怪しい「自称知識人」「自称文化人」に
発言の機会をじゃんじゃん与えて、

この人は知識のある人ですよ、
正しい事を言う人ですよ、

という放映の仕方をして、

だからこの人に従ってください、

という暗示をかけ続けてきたこと、
今まで無かったと言えますか?

「顔が見える」と「顔が見えない」の
双方のメリットを悪用してきませんでしたか?

という話になります。

一方、新聞に至っては常に「顔隠し」ですね。

自分たちの後ろ盾となっている、
いかがわしい利権に媚びへつらうため、

独断と偏見と保身と上から目線に満ちた、
そんな意見を社説として掲載しておいて、

書いた人間は顔を見せない・・・

そういう事、今までやってこなかった、
と断言できますか?

多くの場合、名前も不明です。

勿論、それらがを批判を集めた際も、
本人が出てきて釈明する事はありません。

「顔が見えない」のメリットなら、
新聞もフルに使ってきてます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

何が言いたいかというと、

ネットでもリアルでも、

顔が見えようが見えまいが

嘘つくやつは嘘つくし、

テキトー吹かすやつはテキトー吹かす、って事です。

言葉の信ぴょう性は、
どちらも大差ないと思ってます。

顔が見えているからといって、
相手を理解できてると過信しないのが吉です。

言葉の真贋は、結局のところ
自分の頭で考えるより他ありません。

まあ幸い、
「大方の日本人はそれができている」
と思ってますがね、私は。

だから、国内の世論が近年、
マスコミの意に反して「ああいう感じ」なわけですし。


逆に、自分の頭で考えずにきた人たちは・・・

「自分を賢く見せたい」という我欲の元に

社説や自称知識人の言葉を

何も考えずただただコピペして

知ったかぶりしてきた人たちは、

現状、世間から取り残されているようですがね。
ツイッターとかで何やら呻いていたりしますがね。

文句は、自分を騙した奴に言ってね、っていう。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボカロ新曲はまだミックスと格闘中。
でしたが戦いを放棄してしばらくお絵描き。
と言っても描き上げたミクさん、使途は未定。

ヘッドホンは装備していません。
描くと眼が隠れるので。
ツインテールの配置も、ちょっと悩みました。
まあ別レイヤーなんで移動可能ですがね。

眼が隠れると、顔全て隠れてるのと実質同じ。

顔が隠れる・・・顔隠し・・・ハッ!

という、描いてる最中の念仏から
今回の長文記事を思い浮かびました(真顔)。
00静画2019-miku0831.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント