継続ちゃん、聞いてた?

山賊優勝の喜びから明けまして。

今日は強制的に有給。誕生日月なので。

貴重な平日休み、
平日しかできない事は何かと思案。

結局「定期預金の通帳記入」しか
見つかりませんでした。

先日、三井住友から満期の通知と
外貨預金のパンフ、それに

ご来店お待ちしております、という
直筆の手紙と名刺が届いていました。

講座開設後、数年おきに額を追加、
1年ものと3年ものが混在していてい、
どこからどこまでが満期なのかも
よくわからなくなっていますが・・・

満期だと、満期が来ると、
何かしないといけないのかや?

と考えましたが、
「自動継続」なので放置。

bank.jpg
ここ1年でついた利息はたった1000円ほど。
国債の方は2000円ほどつきましたけどね。
まあそれでいいんです。安全最優先。

因みに外貨には興味ありません。
あっちの国もこっちの国も、
西武投手陣ばりの炎上っぷり。
パンフで何を売り込んできても、
このまま日本円と日本国債で運用。
スタメン固定です。

何だか密かに、
ドイツ銀行が結構アレな事に
なってるようですがね。

昔から、事あるごとに「ドイツを見習え」と
コメントする不思議な勢力がおりますが、
この後何が起きるのやら・・・

まるで残像だわ・・・

先週土曜は久々に某定食屋へ。
入店すると、券売機が壊れていました。

「スイマセン、オマチクダサイ」

と、国籍不明の店員がカタコトで返答。
店内は、一人厨房、一人カタコト注文取り、
そしてもう一人、やはりカタコトの店員が、
その券売機の対応にあたっていました。

しかしどうも、本部?との電話やり取りに
苦戦している模様。

なので、店内は割と空いているのに、
仕事はうまく回っていないようでした。

しばらく待たされて注文を聞かれ

ぼく「野菜たっぷりタンメン、で」
店員「★※■○〒☆彡デスネ?」

・・・なんか、聞き返し方が怪しかったので

ぼく「はい、野菜たっぷりタンメンで」
店員「■○※☆彡〒★?ワカリマシタ」

・・・大事なことなので2度言って待機。

しばらくして、やや小ぶりな皿が1皿、
運ばれてきました。丼でなく、皿。

オマチドオサマデシタ、

ってこれは?これは何かね?

どう見てもタンメンではありません。

ああ、これはもしかして・・・

多分だけど。多分だけど。

「野菜炒め単品」が来たのかなと。

ダメっぽいですねこれはと。

しかしどうしたものか。
店内はバタバタ、作り直さすのもどうかと。
クレーム言ったら、作ったこれはどうなるのかと。

間違っている、とハッキリ伝えるのが道理、
なのでしょうが、しかし料理が無駄になるのは・・・

作り直させたら、一体どれだけ待たされるのやら・・・

それに、言った言わないの議論になったら、
そもそも勝負が成立しなさそうな・・・

・・・

周囲を見て、
「他の客の注文が間違って運ばれてきた」
というケースでは無さそうだなと判断し、

それを食べ始めました。
野菜炒めを単品で、食べ始めました。

ええい、ままよと。マンマないけど。


食べ終えて、会計。
カタコト店員が再び対応。

これどうなるのかな、値段はタンメンので
取られるのかな?けど食券も伝票も無いしな。

と考えてつつ、食べ終えた皿を指すと

「コレ、何デシタッケ?」


覚えてないんかい。
記録してないんかい。

いや、て言うか、あのね。

私に聞かないでください。
私に聞かないでください。

私に聞かれても、困ります。

私もコレが何なのか、

何が運ばれてきたのか、

実はよくわかっていません。

私は何を食ったんですかね?

私も、わかりません。

「多分・・・野菜炒め単品、です。」

自信なさげに答えました。
注文した(はず)の本人が、自信なさげに答えました。

以上、自分に落ち度はなく
軽く理不尽を受け止めたけど、

なぜか微妙に自分の方が
追い詰められたっぽいお話でした。

これが令和か。

・・・

で今日は野菜炒め「定食」。
ご飯とワカメスープもあります。

1569071353278.jpg

タンメンが520円、野菜炒め単品が410円、
でしたが今日のコレは1食あたり300円ほど。
自炊すればこんなもんですね。

これで謎のリベンジ完了です(真顔)







そいつが新しい課題ってやつだ

先日一応mp3化した新曲、
改めて聞いてみると音が薄いです。

一通り完成した直後は、
ハイになって繰り返し聞いてましたが、

しばらく時間を置くと客観的に聞けます。
やはり作品は、絵も曲も寝かさないと
ダメですね。

しかし何で埋めればいいのやら。

プロの楽曲の、生演奏用の「バンドスコア」は
楽器屋で山ほど売ってますが、

あれと似たような楽器構成で、
レコーディングされた楽曲の譜面が見たいです。
みんなどうやっているのかと。

ミックスの改善、イラストと動画の作成、
完成時期は未定です。

かまくら

ロードエルメロイⅡ世のサントラ到着。

load703947.jpg

原作は読んでませんし、
アポカリやFGOは知らないしで、
本編見てもわからない所は随所にありますが、
それでも食指が伸びる梶浦サントラ。

クラリネットを多用して怪しく仕上げた模様。

you are my kingのリメイクである
you were my kingが、

本編のどこで流れるか楽しみです。

こうやって斬撃を記録して

世間では3連休のようですが、
うちは来週も再来週も月曜仕事。

先週、池袋へ行った際に
バッティングセンターへ寄りました。

池袋はPC絡みの買い物で行くことが
多いのですが、ここへ寄ったのは初めて。

ビルの14階なので行きも帰りも
エレベーター待ちで時間食いますし、
料金も割高だし、混んでるしで、

メリットはというと・・・

ギャラリー多くて、

なんか燃える

という事ぐらいでしょうかね。

しかし、なぜかやたら打ちやすかったので、
池袋行った時は寄るようにします多分。

1568380852299.jpg

ついでに洋菓子屋タカセにも寄ります。

最近はオープンスタンスで構え、
バットはかなり短く持って、
しっかり振り抜くようにしてます。

結局、ミートするのも飛距離だすのも、
スイングスピードが物を言うのだと思いまして。

右打席メイン、左打席でもある程度打ちますが、
左右兼用のケージが中央付近にあるのは
ここの利点ですね。

「左」を「右はじ」に設置してる施設とか
何を考えているのかと。

打った瞬間、フェン直っていう。

・・・

そういや、ホームランの的、ありましたね。
何がもらえるんでしょうか。

20代の頃、実家近くのバッセンで、
一度だけ的に当ててバッティンググラブを
もらったことがありましたが・・・

使ってないですはい。

なるべく真名を秘匿するのよ

仕事は密度が濃いものの、帰宅時間は早い今日この頃。

なので帰宅後、訪問販売に出くわすことも
ごく稀にしょっちゅうあります。

最近は、とにかく「顔を見てやろう」というのが
流行りのマニュアルみたいですね。

「玄関先での対応でいいので、ドア開けて」

なんて事を言ってきます。

勿論、インターホン越しに断りますがね。

顔を見られたら断りづらくなるだろう、
という心理をついた巧妙なガバガバ戦略ですね。

顔の見える相手との対話は

「本音」が「建前」で隠されるのです。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ネット上のやりとりは相手の顔が見えない---

という文言はあちこちで見かけます。
それ自体は事実です。

しかし、だからどうだと言いたいのか、
という点はひっかかりますね。

顔の見える相手には、
ほとんどの場合「建前」が発動します。

だから顔は見えても本音は見えません。

ネット上の相手は、
ほとんどの場合名前も顔もわかりません。

しかし本音が聞けます。

さて、有益な情報が得られるのはどちらでしょう?

どちら、とは断言できませんよね。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

フェイクニュース、なんて言葉が聞かれる昨今、

とりわけネットはフェイクニュースがー、

発言者の顔が見えないために嘘の蔓延がー

などとオールドメディアが警鐘しておりますが、
じゃあTVや新聞はどうだったでしょうか。

例えばTVの場合。

広告代理店の利害の元に
TV局が台本を書いて、
それを「キャラ立て」を生業としている
タレントが読み上げる自称・報道番組は

顔を出してる人間が意見の発信者ですか?
本当にそう、言えますか?

意見の「本丸」は素性を明かしていますか?

また、一体何の専門家だかわからない、
何の功績があるのかわからない、

言動が滅茶苦茶で
ただのキチGUYでしかないような、

そんな怪しい「自称知識人」「自称文化人」に
発言の機会をじゃんじゃん与えて、

この人は知識のある人ですよ、
正しい事を言う人ですよ、

という放映の仕方をして、

だからこの人に従ってください、

という暗示をかけ続けてきたこと、
今まで無かったと言えますか?

「顔が見える」と「顔が見えない」の
双方のメリットを悪用してきませんでしたか?

という話になります。

一方、新聞に至っては常に「顔隠し」ですね。

自分たちの後ろ盾となっている、
いかがわしい利権に媚びへつらうため、

独断と偏見と保身と上から目線に満ちた、
そんな意見を社説として掲載しておいて、

書いた人間は顔を見せない・・・

そういう事、今までやってこなかった、
と断言できますか?

多くの場合、名前も不明です。

勿論、それらがを批判を集めた際も、
本人が出てきて釈明する事はありません。

「顔が見えない」のメリットなら、
新聞もフルに使ってきてます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

何が言いたいかというと、

ネットでもリアルでも、

顔が見えようが見えまいが

嘘つくやつは嘘つくし、

テキトー吹かすやつはテキトー吹かす、って事です。

言葉の信ぴょう性は、
どちらも大差ないと思ってます。

顔が見えているからといって、
相手を理解できてると過信しないのが吉です。

言葉の真贋は、結局のところ
自分の頭で考えるより他ありません。

まあ幸い、
「大方の日本人はそれができている」
と思ってますがね、私は。

だから、国内の世論が近年、
マスコミの意に反して「ああいう感じ」なわけですし。


逆に、自分の頭で考えずにきた人たちは・・・

「自分を賢く見せたい」という我欲の元に

社説や自称知識人の言葉を

何も考えずただただコピペして

知ったかぶりしてきた人たちは、

現状、世間から取り残されているようですがね。
ツイッターとかで何やら呻いていたりしますがね。

文句は、自分を騙した奴に言ってね、っていう。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ボカロ新曲はまだミックスと格闘中。
でしたが戦いを放棄してしばらくお絵描き。
と言っても描き上げたミクさん、使途は未定。

ヘッドホンは装備していません。
描くと眼が隠れるので。
ツインテールの配置も、ちょっと悩みました。
まあ別レイヤーなんで移動可能ですがね。

眼が隠れると、顔全て隠れてるのと実質同じ。

顔が隠れる・・・顔隠し・・・ハッ!

という、描いてる最中の念仏から
今回の長文記事を思い浮かびました(真顔)。
00静画2019-miku0831.jpg